フレンズ英語

海外ドラマ「フレンズ」で英語を勉強しよう。全フレーズを書き起こして、翻訳を随時しています。

1-1 The One Where Monica Gets a New Roommate (The Pilot-The Uncut Version)

The One Where Monica Gets a New Roommate (The Pilot-The Uncut Version)

[Scene: Central Perk, Chandler, Joey, Phoebe, and Monica are there.]セントラルパーク。レイチェルとロス以外はいる。

モニカ: There's nothing to tell! He's just some guy I work with! 何も特別なことじゃないじゃん!ただの同僚よ!

ジョーイ: C'mon, you're going out with the guy! There's gotta be something wrong with him! おいおい、モニカとデートしてるんだぜ!その男絶対変だって!

チャンドラー: All right Joey, be nice.  So does he have a hump? A hump and a hairpiece? それで、彼、こぶある? カツラとか付け毛とかつけてたりするの?

フィービー: Wait, does he eat chalk?待って、彼、チョーク食べる?

(They all stare, bemused.) みんな困惑した顔をする。

フィービー: Just, 'cause, I don't want her to go through what I went through with Carl- oh! ちょっとね、だって私がカールと付き合っていたときと同じ目にあってほしくないもん。

モニカ: Okay, everybody relax. This is not even a date. It's just two people going out to dinner and- not having sex. わかったわかった、落ち着いて。デートじゃないわよ。2人でディナーに行って、セックスはないしよ。

チャンドラー: Sounds like a date to me. 何かデートっぽいな。

 

[Time Lapse]

一定時間経過

 

チャンドラー: Alright, so I'm back in high school, I'm standing in the middle of the cafeteria, and I realize I am totally naked. 俺は高校にいて、食堂の真ん中に立っていた。そんで俺は気づいたんだ、完全に裸だとね。

みんな: Oh, yeah. Had that dream. うんうん、そんな夢見たことある。

チャンドラー: Then I look down, and I realize there's a phone... there. そして下を見たら、電話があったんだ...そこに。

ジョーイ: Instead of...? ...の代わりに?

チャンドラー: That's right. その通り。

ジョーイ: Never had that dream. そんな夢はみたことないな。

フィービー: No. ないわね。

チャンドラー: All of a sudden, the phone starts to ring. Now I don't know what to do, everybody starts looking at me. そしたら突然、電話が鳴り出したんだ。んでもってそれはお袋からの電話だった。でもそれってすげぇ変だよね。だってさぁ、お袋俺に電話しないもん!

モニカ: And they weren't looking at you before?! え、みんなその前にあなたのこと見てなかったの?

チャンドラー: Finally, I figure I'd better answer it, and it turns out it's my mother, which is very-very weird, because- she never calls me! 最後はさ、でなきゃいけないと思ってでたら、母さんからだったんだよ。めっちゃくちゃ変だよ、だって母さんって俺に電話してきたことないんだよ。

 

[Time Lapse, Ross has entered.] 一定時間経過。ロスが入店している。

 

ロス: (mortified) Hi.(がっかりした様子) やぁ。

ジョーイ: This guy says hello, I wanna kill myself. こいつに挨拶されちゃったよ、自殺したい気分だ。

モニカ: Are you okay, sweetie? 兄さん、大丈夫?

ロス: I just feel like someone reached down my throat, grabbed my small intestine, pulled it out of my mouth and tied it around my neck... 喉に手を突っ込まれ、小腸をつかまれて引っこ抜かれて首に巻きつけられた気分だ...

Chandler: Cookie? クッキーいる?

モニカ: (explaining to the others) Carol moved her stuff out today.(みんなに説明)キャロルが今日引っ越してったの。 

ジョーイ: Ohh. こりゃ大変ねぇ。

モニカ: (to Ross) Let me get you some coffee. (ロスに)コーヒー持ってくるね。

ロス: Thanks. サンキュ

フィービー: Ooh! Oh! (She starts to pluck at the air just in front of Ross.) こりゃ大変ねぇ。(ロスの目の前をつまみ出す。)

ロス: No, no don't! Stop cleansing my aura! No, just leave my aura alone, okay? やめ、止めてくれ!僕のオーラを清めないでくれ! 

フィービー: Fine!  Be murky! わかったわよ。そのままどんよりしてなさいよ。

ロス: I'll be fine, alright? Really, everyone. I hope she'll be very happy. 止めてくれ、僕のオーラはほっといてくれ。僕は大丈夫だよ。ほんとだよ。彼女の幸せを望んでいる。

モニカ: No you don't. うそよ。

ロス: No I don't, to hell with her, she left me! その通り!あんなやつ知るもんか!僕を捨てやがって!

ジョーイ: And you never knew she was a lesbian... 奥さんがレズだと気づかないとはね...

ロス: No!! Okay?! Why does everyone keep fixating on that? She didn't know, how should I know? 知らなかったんだ!! 何でみんなその話するんだよ? 本人だって知らなかったんだ、僕がわかるはずないだろ?

チャンドラー: Sometimes I wish I was a lesbian... (They all stare at him.) Did I say that out loud? ときどきレズになってみたいと思うよ。 (みんなチャンドラーを見る) 俺声に出して言っちゃった?

ロス: I told mom and dad last night, they seemed to take it pretty well. 昨日の夜母さんと父さんに伝えたんだけど、まあいい感じで受け止めてくれたよ。

モニカ: Oh really, so that hysterical phone call I got from a woman at sobbing 3:00 A.M., "I'll never have grandchildren, I'll never have grandchildren." was what?  A wrong number? えー本当?私なんて早朝3時に女の人から電話があって「私は一生孫に会えない。私は一生孫に会えない。」って言ったの、あれは何?間違い電話?

ロス: Sorry. ドンマイだね。

ジョーイ: Alright Ross, look. You're feeling a lot of pain right now. You're angry. You're hurting. Can I tell you what the answer is? ロス。心が痛むだろ。怒りを感じるだろ。傷ついただろ。解決方法知ってるかい?

(Ross gestures his consent.) ロスが同意を示す。

ジョーイ: Strip joint! C'mon, you're single! Have some hormones! ストリップクラブ! ほらいいじゃん、お前は独身だぞ! ちょっとはホルモン放出しろよ!

ロス: I don't want to be single, okay? I just... I just- I just wanna be married again! 独身になりたくてなったわけじゃないんだよ。僕は…、また結婚した身でいたいんだよ!

(Rachel enters in a wet wedding dress and starts to search the room.) レイチェルがウェディングドレス姿で登場し、喫茶店の中を探し始める。

チャンドラー: And I just want a million dollars! (He extends his hand hopefully.) そして俺は百万ドルがほしい!(望みに手を伸ばす。)

モニカ: Rachel?! レイチェル?!

レイチェル: Oh God Monica hi! Thank God! I just went to your building and you weren't there and then this guy with a big hammer said you might be here and you are, you are! あ!モニカ! やっと会えたわ! あなたのアパートに行ったんだけどいなくてさ、でっかいハンマー持った男が多分ここにいるからって行ったからさ。やっぱここにいたのね!

ウェイトレス: Can I get you some coffee? コーヒーいかがですか?

モニカ: (pointing at Rachel) De-caff. (to All) Okay, everybody, this is Rachel, another Lincoln High survivor. (to Rachel) This is everybody, this is Chandler, and Phoebe, and Joey, and- you remember my brother Ross?(レイチェルを指差して) ディカフェね。(みんなに向かって)みんな。レイチェルよ。リンカーン高校の同級生よ。(レイチェルに)私の友達よ。チャンドラー、フィービー、ジョーイ、後、兄のロスは覚えてるわよね。

レイチェル: Hi, sure! もちろんよ!久しぶりね。

Ross: Hi. 久しぶり。

 

(They go to hug but Ross's umbrella opens.  He sits back down defeated again.  A moment of silence follows as Rachel sits and the others expect her to explain.)

2人はハグしようとするがロスの傘が突然開く。傘の勢いでロスは着席。レイチェルも着席し、みんなレイチェルが説明するのを静かに待つ。

 

モニカ: So you wanna tell us now, or are we waiting for four wet bridesmaids? 今説明する?それともびしょぬれになったブライドメイドを待ってるの?

レイチェル: Oh God... well, it started about a half hour before the wedding. I was in the room where we were keeping all the presents, and I was looking at this gravy boat. This really gorgeous Lamauge gravy boat. When all of a sudden- (to the waitress that brought her coffee)Sweet 'n' Lo?- I realized that I was more turned on by this gravy boat than by Barry! And then I got really freaked out, and that's when it hit me: how much Barry looks like Mr. Potato Head. Y'know, I mean, I always knew looked familiar, but... Anyway, I just had to get out of there, and I started wondering 'Why am I doing this, and who am I doing this for?'. (to Monica) So anyway I just didn't know where to go, and I know that you and I have kinda drifted apart, but you're the only person I knew who lived here in the city. 困ったわ...そうね、結婚式の30分前のことよ。私はプレゼント保管室にいたのよ、そこで私はグレイビーボートを見ていたのよ。ほんとにゴージャスなリモージのグレイビーボートだったのよ。そしたら突然、(コーヒーを持ってきたウェイトレスに)ダイエット甘味料くれる? そこで気づいたのよ、私はバリーに興味があったんじゃなくてグレイビーボートに興味があったんだって!そしたら私ほんとに怖くなっちゃって、そしたらバリーがミスター・ポテトヘッドに似ているって気づいたのよ。ほら、その、前から何かに似ているなとは思っていたんだけど...とにかく、とにかくもう逃げ出すしかなくなって、そこで"なんでこんなことしてるんだろ。誰のためにしてるんだろ"って思ったのよ。(モニカに)まぁとにかく、どこにいきゃいいのかわかんなくなっちゃって、モニカとはご無沙汰だけど、ニューヨークで知ってるのはモニカしかいないし...

モニカ: Who wasn't invited to the wedding. 結婚式には呼ばれなかったけどね。

レイチェル: Ooh, I was kinda hoping that wouldn't be an issue... それ言わないでほしかったな...

 

 

[Scene: Monica's Apartment, everyone is there and watching a Spanish Soap on TV and are trying to figure out what is going on.]

[モニカのアパート。みんなでスペイン語のドラマを見ている。(スペイン語が分からないので)何を言っているのかを推測している。]

 

モニカ: Now I'm guessing that he bought her the big pipe organ, and she's really not happy about it. 多分、彼が巨大パイプオルガンを彼女に買ってあげたんだけど、彼女はそれが気に入らないじゃない

チャンドラー: (imitating the characters) Tuna or egg salad?  Decide!(キャラの真似をしながら)ツナサラダ?卵サラダ?決めて!

ロス: (in a deep voice) I'll have whatever Christine is having.(低い声で)クリスティンと同じものをもらうよ。

レイチェル: (on phone) Daddy, I just... I can't marry him! I'm sorry. I just don't love him. Well, it matters to me!(電話で)パパ、私はただ...彼とは結婚できないわ! ごめんね。彼を愛してないの。え? 私には重要なことよ!

 

(The scene on TV has changed to show two women, one is holding her hair.) テレビには2人の女性が、そのうちの1人は髪を結んでいる。

 

フィービー:  If I let go of my hair, my head will fall off. もし私が髪を解いたら、頭落ちちゃうわ。

チャンドラー: (re TV) Ooh, she should not be wearing those pants.(テレビに戻る)気持ち悪ぃなぁ。こんなズボンはくなよ。

ジョーイ: I say push her down the stairs. 階段から突き落としちまえ。

フィービー&ロス&チャンドラー&ジョーイ:  Push her down the stairs! Push her down the stairs! Push her down the stairs! 階段から突き落とせ! 突き落とせ! 突き落とせ! 

 

(She is pushed down the stairs and everyone cheers.) 彼女は突き落とされ、みんな喜ぶ。)

 

レイチェル: C'mon Daddy, listen to me! It's like, it's like, all of my life, everyone has always told me, 'You're a shoe! You're a shoe, you're a shoe, you're a shoe!'. And today I just stopped and I said, 'What if I don't wanna be a shoe? What if I wanna be a- a purse, y'know? Or a- or a hat! No, I'm not saying I want you to buy me a hat, I'm saying I am a ha- It's a metaphor, Daddy! 聞いてよ、パパ! 何ていうか、私はずっと言われてきたのよ、"あなたは靴ね!あなたは靴、靴、靴!"って。今日それを考えてみたのよ。"私はほんとに靴になりたかったのかしら? 私は...財布になりたかったのかも? 帽子になりたかったのかも? え? 帽子を買ってほしいなんて言ってないわよ! ただ、私は帽子...ものの例えよ、パパ!

ロス: You can see where he'd have trouble. 物分りの悪い人だね。

レイチェル: Look Daddy, it's my life. Well maybe I'll just stay here with Monica. 聞いて、パパ。私の人生なのよ。モニカにここに泊めてもらうわよ。

モニカ: Well, I guess we've established who's staying here with Monica... どうやらモニカと泊まる人が決まったみたいね。

レイチェル: Well, maybe that's my decision. Well, maybe I don't need your money. Wait!! Wait, I said maybe!! そうね。これが私の結論よ。多分、もうパパからお金もらわないわ。待って、待って!多分って言ったわ!

 

[Time Lapse, Rachel is breating into a paper bag.] 一定時間経過。レイチェルが紙袋に呼吸をしている。

モニカ: Just breathe, breathe.. that's it. Just try to think of nice calm things... ゆっくり、ゆっくり...落ち着いて、いいことを考えよう。

フィービー: (sings) Raindrops on roses and rabbits and kittens, (Rachel and Monica turn to look at her.) bluebells and sleighbells and- something with mittens... La la la la...something and noodles with string.  These are a few... (歌いながら)雨粒がバラとウサギと子猫に、(レイチェルとモニカが振り返ってフィービーを見る。)ブルーベルとそりの鈴。そしてミトン付の何か...ララララ...

レイチェル: I'm all better now. 気分よくなったわ。

フィービー: (grins and walks to the kitchen and says to Chandler and Joey.) I helped!(にっこりしてキッチンの方へ向かい、チャンドラーとジョーイに向かって)人助けしたわ。

モニカ: Okay, look, this is probably for the best, y'know? Independence. Taking control of your life.  The whole, 'hat' thing. ねぇ、これはきっといいことよ。自立するのよ。自分の人生は自分でコントロールする。ほら、帽子よ。

ジョーイ: (comforting her) And hey, you need anything, you can always come to Joey. Me and Chandler live across the hall. And he's away a lot. レイチェルの横に座る)ねえ、もし何か必要ならいつでもジョーイのところに来なよ。俺とチャンドラーはお向かいさんだからさ。あいつはよく出かけてるからな。

モニカ: Joey, stop hitting on her! It's her wedding day! ジョーイ、ナンパは止めなさいよ! 今日は結婚式だったのよ!

ジョーイ: What, like there's a rule or something? 何で?そんなルールかなんかあんのかよ?

 

(The door buzzer sounds and Chandler gets it.) ドアの呼び出し音が鳴り、チャンドラーが応える。

 

チャンドラー: Please don't do that again, it's a horrible sound. もう二度とインターフォン押さないでくれ。ひどい音だ。

ポール: (over the intercom) It's, uh, it's Paul.(インターフォンから) あ、ポールです。

モニカ: Oh God, is it 6:30?  Buzz him in! え、やば、もう6時半?入れてあげて。

ジョーイ: Who's Paul? ポールって誰?

ロス: Paul the Wine Guy, Paul? ポール、ワインのポールか?

モニカ: Maybe. 多分ね。

ジョーイ: Wait. Your 'not a real date' tonight is with Paul the Wine Guy? 待って、デートしない日にワインのポールと一緒だって?

ロス: He finally asked you out? ついに誘われたのか?

モニカ: Yes! そうよ!

チャンドラー: Ooh, this is a Dear Diary moment. デア・ダイアリーに書かなきゃね!

モニカ: Rach, wait, I can cancel... レイチェル、私キャンセルしてもいいわよ...

レイチェル: Please, no, go, that'd be fine! 何言ってんのよ、行きなさいよ、私は大丈夫よ!

モニカ: (to Ross) Are, are you okay? I mean, do you want me to stay?

(ロスに)に、兄さんは大丈夫?一緒にいたほうがいい?

ロス: (choked voice) That'd be good...(詰まった声で) それは嬉しいな...

モニカ: (horrified) Really?(びっくりして) ほんとに?

ロス: (normal voice) No, go on! It's Paul the Wine Guy!

(普通の声に戻って)うそだよ、行けよ!ワインのポールだぞ!

フィービー: What does that mean?   Does he sell it, drink it, or just complain a lot? ノック音が聞こえ、ポールが登場。

 

(Chandler doesn't know.) チャンドラーは知らない

(There's a knock on the door and it's Paul.) ノックの音がして、ポールが登場

モニカ: Hi, come in! Paul, this is.. (They are all lined up next to the door.)... everybody, everybody, this is Paul. はーい、入って!ポール、こちらが...(みんながドアの横に整列している)...みんなよ。みんなポールよ。

みんな: Hey! Paul! Hi! The Wine Guy! Hey! どうも!ポール!ワイン男!ポール!

Chandler: I'm sorry, I didn't catch your name. Paul, was it? すいません、名前がよく聞き取れませんでした。ポールでしたっけ?

モニカ: Okay, umm-umm, I'll just--I'll be right back, I just gotta go ah, go ah... オッケー、うーん、私、私戻ってくるわ、とにかく行かなくちゃ、行かなく...

ロス: A wandering? 迷ってるの?

モニカ: Change!  Okay, sit down. (Shows Paul in) Two seconds. 着替えなくちゃ!オッケー、座って。(ポールを入れて)ちょっと待ってて。

フィービー: Ooh, I just pulled out four eyelashes. That can't be good. 嫌だ。まつ毛が4本も抜けるなんて不吉だわ。

 

(Monica goes to change.) モニカは着替えに行く

 

ジョーイ:  Hey, Paul! ねえ、ポール!

Paul: Yeah? なに?

ジョーイ: Here's a little tip, she really likes it when you rub her neck in the same spot over and over and over again until it starts to get a little red. コツがあるんだよ。彼女はね首の同じ場所を赤くなるまで何度も何度もこするのがマジで好きなんだよ。

モニカ: (yelling from the bedroom) Shut up, Joey!(寝室から叫ぶ)うるさいよ、ジョーイ!

ロス: So Rachel, what're you, uh... what're you up to tonight? ねぇレイチェル、今夜は、今夜何か予定ある?

レイチェル: Well, I was kinda supposed to be headed for Aruba on my honeymoon, so nothing! うーんとね、ハネムーンのためアルバに向かう予定だったんだよね、だから暇!

ロス: Right, you're not even getting your honeymoon, God.. No, no, although, Aruba, this time of year... talk about your- (thinks) -big lizards... Anyway, if you don't feel like being alone tonight, Joey and Chandler are coming over to help me put together my new furniture. そうか、ハネムーンにも行けないなんて...。いや、いや、でもアルバね。この時期は...その... (ちょっと考えて) 巨大なトカゲが出る...。まぁとにかく、今夜もし一人ですごす気分じゃないんなら、ジョーイ、チャンドラーが僕の新しい家具を組み立てるの手伝ってくれるんだけど。

チャンドラー: (deadpan) Yes, and we're very excited about it.(真剣な顔で)その通り、もう超楽しみ!

レイチェル: Well actually thanks, but I think I'm just gonna hang out here tonight.  It's been kinda a long day. そうね、ありがと、でも今夜は一人で過ごしたい気分なの。今日は長い日だったわ。

ロス: Okay, sure. そうか、わかった。

ジョーイ: Hey Pheebs, you wanna help? ねぇ、フィービー。君も手伝わない?

フィービー: Oh, I wish I could, but I don't want to. うーん、手伝いたいんだけど、お断りよ。

 

Commercial Break

CM

 


フィービー: (singing) Love is sweet as summer showers, love is a wondrous work of art, but your love oh your love, your love...is like a giant pigeon...crapping on my heart.  La-la-la-la-la- (some guy gives her some change and to that guy) Thank you. (sings) La-la-la-la...ohhh!

[Scene: The Subway, Phoebe is singing for change.]

 

 

[Scene: Ross's Apartment, the guys are there assembling furniture.] ロスのアパート。男たちが家具を組み立てている。

 

ロス: (squatting and reading the instructions) I'm supposed to attach a brackety thing to the side things, using a bunch of these little worm guys. I have no brackety thing, I see no whim guys whatsoever and- I cannot feel my legs.(便所座りの状態で説明書を読んでいる)L字型のものを横っちょにくっつける。ちっちゃな虫君たちを使って。L字型のものなんてないし、ちっちゃな虫君たちなんて見つからないし、足がしびれてる。

 

(Joey and Chandler are finishing assembling the bookcase.) ジョーイとチャンドラーは書棚を組み立て終わる

 

ジョーイ: I'm thinking we've got a bookcase here. もう完成したよね

チャンドラー: It's a beautiful thing. 最高だな

ジョーイ: (picking up a leftover part) What's this? (残ったパーツを見ながら)何これ?

チャンドラー: I would have to say that is an 'L'-shaped bracket. L字パーツだな 

ジョーイ: Which goes where? どこのパーツなの?

チャンドラー: I have no idea. わかんねえよ。

 

(Joey checks that Ross is not looking and dumps it in a plant.)

ジョーイはロスが見ていないのを確認して、パーツを植物に隠す。

 

ジョーイ: Done with the bookcase! 書棚完成!

チャンドラー: All finished! 全部終了!

ロス: (clutching a beer can and sniffing) This was Carol's favorite beer. She always drank it out of the can, I should have known.(ビールの缶を握りながら泣きそうになる) キャロルのお気に入りのビールだ。いつも缶から直接飲んでいたな。気づくべきだったよ。

ジョーイ: Hey-hey-hey-hey, if you're gonna start with that stuff we're outta here. ねえねえ、もし今ここにあるもので生活し始めたとしたらさ。

チャンドラー: Yes, please don't spoil all this fun. うん、お願いだからこの楽しい感じを台無しにしないでくれよ。

ジョーイ: Ross, let me ask you a question. She got the furniture, the stereo, the good TV- what did you get?

ロス、ちょっと聞くけどさ。奥さんは家具、ステレオ、高級テレビを持ってったよね。お前には何がのこったの?

ロス: You guys. 君たち。

チャンドラー: Oh, God. おーマジか。

ジョーイ: You got screwed. だまされたな。

チャンドラー: Oh my God! オーマイガー。

 

 

[Scene: A Restaurant, Monica and Paul are eating.] レストラン。モニカとポールが食事をしている。

 

モニカ: Oh my God! 大変ね!

ポール: I know, I know, I'm such an idiot. I guess I should have caught on when she started going to the dentist four and five times a week. I mean, how clean can teeth get? わかってるよ、わかってるよ、僕はバカだ。彼女が1週間に4,5回も歯医者に行き始めたときに気づくべきだった。ほら、それじゃ歯はピカピカだろ?

モニカ: My brother's going through that right now, he's such a mess. How did you get through it? 私の兄が離婚したばかりで大変なの。どうやって立ち直ったの?

ポール: Well, you might try accidentally breaking something valuable of hers, say her- そうだねぇ、奥さんの大切なものを事故を装って壊しちゃうとか、例えば彼女の...

モニカ: -leg? 足?

ポール: (laughing) That's one way! Me, I- I went for the watch.(笑いながら)それいいね!僕の場合は、僕は時計を壊した。

モニカ: You actually broke her watch?  Wow!  The worst thing I ever did was, I-I shredded by boyfriend's favorite bath towel.

ほんとに時計壊したの?すごいね!私がやった最悪なことは、彼氏の大好きなバスタオルを、き、き、切り刻んだことよ。

ポール: Ooh, steer clear of you. 君とは関わらない方がいいね

モニカ: That's right.  そうよ

 

 

[Scene: Monica's Apartment, Rachel is talking on the phone and pacing.] モニカのアパート。レイチェルが電話で話しながらうろうろしている。

 

レイチェル: Barry, I'm sorry... I am so sorry... I know you probably think that this is all about what I said the other day about you making love with your socks on, but it isn't... it isn't, it's about me, and I ju- (She stops talking and dials the phone.) Hi, machine cut me off again... anyway...look, look, I know that some girl is going to be incredibly lucky to become Mrs. Barry Finkel, but it isn't me, it's not me.  And not that I have any idea who me is right now, but you just have to give me a chance too... (The maching cuts her off again and she redials.) バリー、ごめんね、ごめんね...。多分あなたは靴下を履いたままエッチをしたせいだと思っているでしょうけど、違うの...違うの...。私のせいなの。私は...(しゃべるのをやめて電話をかける)。もしもし、また留守電に切られちゃったわ...とにかく...

 

 

[Scene: Ross's Apartment; Ross is pacing while Joey and Chandler are working on some more furniture.] ロスのアパート。ジョーイとチャンドラーが家具を組み立てている間、ロスがうろついている。

 

ロス: I'm divorced!  I'm only 26 and I'm divorced! 僕は離婚したんだ!まだ26歳なのに、バツイチだよ!

 

ジョーイ: Shut up! うるせえよ!

チャンドラー: You must stop! (Chandler hits what he is working on with a hammer and it collapses.) やめろよ!(チャンドラーは作業していた物をハンマーで叩いて壊す)

ロス: That only took me an hour. それには1時間しかかからなかったから

チャンドラー: Look, Ross, you gotta understand, between us we haven't had a relationship that has lasted longer than a Mento.   You, however have had the love of a woman for four years.   Four years of closeness and sharing at the end of which she ripped your heart out, and that is why we don't do it!  I don't think that was my point! なあ、ロス。俺らは付き合ってまだ短いけど、メントス舐める時間よりは長いぜ。でもお前は4年間も1人の女を愛していたんだよ、4年の交際の最後にお前の心を奪ったけど、俺らはどうなんだよ。そこだよ、俺の言いたいところは!

ロス: You know what the scariest part is? What if there's only one woman for everybody, y'know? I mean what if you get one woman- and that's it? Unfortunately in my case, there was only one woman- for her... 何が怖いってさ。もしみんなに一人ずつしか女性がいなかったらどうするんだ?ほら、もしその女性と出会ったら、それで終わり?残念ながら僕の場合、女性がいたよ彼女の...

ジョーイ: What are you talking about? 'One woman'? That's like saying there's only one flavor of ice cream for you. Lemme tell you something, Ross. There's lots of flavors out there. There's Rocky Road, and Cookie Dough, and Bing! Cherry Vanilla. You could get 'em with Jimmies, or nuts, or whipped cream! This is the best thing that ever happened to you! You got married, you were, like, what, eight? Welcome back to the world! Grab a spoon! 何言ってんだよ!女一人だけ?お前はアイスクリームは一種類しか食べないのかよ。俺が教えてやるよ、ロス。世の中にはいろんなアイスクリームがあるんだぜ。ロッキーロード、クッキードー、おおそうだ!チェリーバニラを忘れちゃいけねぇ。ジミーズ、ナッツ、クリーム、オプションもいろいろあるんだぜ!こりゃ今まで起こったことで一番いいことだぜ! お前は結婚した、ええと、8歳のとき?現実世界へお帰り!スプーンを手に取れよ!

ロス: I honestly don't know if I'm hungry or horny. 性欲があるのか食欲があるのか分からなくなってきた。

チャンドラー: Stay out of my freezer! 俺の冷蔵庫に近づくな!

 

 

 

[Scene: A Restaurant, Monica and Paul are still eating.] レストラン。モニカとポールはまだ食事中。

 

 

ポール: Ever since she walked out on me, I, uh... 元妻が僕を捨てて以来...、僕は、その...

モニカ: What?..... What, you wanna spell it out with noodles? 何...? 何かそばで書こうとしてるの?

ポール: No, it's, it's more of a fifth date kinda revelation. いや、その、5回目ぐらいのデートで言うことなんだけどさ。

モニカ: Oh, so there is gonna be a fifth date? あら、じゃぁ5回目のデートはあるわけ?

ポール: Isn't there? ないの?

モニカ: Yeah... yeah, I think there is. -What were you gonna say? うん...うん、あると思うわ。何を言おうとしてたの?

ポール: Well, ever-ev-... ever since she left me, um, I haven't been able to, uh, perform. (Monica takes a sip of her drink.) ...Sexually. その、ふ、振られて以来、その、僕はできなく、できなくなって。(モニカが飲み物を口に含む)...性的に。

モニカ: (spitting out her drink in shock) Oh God, oh God, I am sorry... I am so sorry...(びっくりして飲み物を噴出す)うわ、ごめんなさい...ごめんなさい...

ポール: It's okay... 大丈夫だよ。

モニカ: I know being spit on is probably not what you need right now. Um... how long? 吐き出しても何の解決にもならないのにね…、で…、いつから?

ポール: Two years. 2年前から。

モニカ: Wow! I'm-I'm-I'm glad you smashed her watch! うわぁ!そ、そりゃ時計壊して当然よ!

ポール: So you still think you, um... might want that fifth date? そ、それでも僕と5回目のデートしてくれるかい?

モニカ: (pause)...Yeah. Yeah, I do.(ちょっと間をおいて)...うん。うん、いいわよ。

 

 

 

[Scene: Monica's Apartment, Rachel is watching Joanne Loves Chaci.] モニカのアパート。レイチェルが"Joanne Loves Chaci"を見ている。

 

 

Priest on TV: We are gathered here today to join Joanne Louise Cunningham and Charles, Chachi-Chachi-Chachi, Arcola in the bound of holy matrimony.

 

レイチェル: Oh...see... but Joanne loved Chachi! That's the difference! ほら...やっぱジャニーはチャチーを愛してるのよ! そこが違うわ!

 

 

 

[Scene: Ross's Apartment, they're all sitting around and talking.] ロスのアパート。みんな座って話している。

 

 

ロス: (scornful) Grab a spoon. Do you know how long it's been since I've grabbed a spoon? Do the words 'Billy, don't be a hero' mean anything to you?(いらついている) スプーンを手にとれだって。僕がスプーンを手にとったのはいつだか知ってるか?'Billy, don't be a hero'って歌知ってるか? 

ジョーイ: Great story!  But, I uh, I gotta go, I got a date with Andrea--Angela--Andrea...  Oh man, (looks to Chandler) いいな!でも俺行かなきゃ。アンジェラとデートがあるんだ、アンジェラ、アンジェラ(窓の外を見つめる)

チャンドラー: Angela's the screamer, Andrea has cats. アンジェラはキーキー言うし、猫を飼ってる。

ジョーイ: Right.  Thanks.  It's June.  I'm outta here. (Exits.) おっけ。ありがと。6月だ、行かなきゃ。(部屋を出る)

ロス: Y'know, here's the thing. Even if I could get it together enough to- to ask a woman out,... who am I gonna ask? (He gazes out of the window.) あとさ、たとえデートに誘う準備ができたとしても...、誰を誘えばいいんだよ?(窓の外を見つめる)

 

[Cut to Rachel staring out of her window.] レイチェルも窓の外を見つめている。

 

Commercial Break

CM

 

[Scene: Monica's Apartment, Rachel is making coffee for Joey and Chandler.] モニカのアパート。レイチェルがジョーイとチャンドラーにコーヒーを煎れている。

 

 

レイチェル: Isn't this amazing? I mean, I have never made coffee before in my entire life. すごいでしょ?私って今までコーヒー煎れたことないのよ。

チャンドラー: That is amazing. そりゃすごいね。

ジョーイ: Congratulations. おめでとう。

レイチェル: Y'know, I figure if I can make coffee, there isn't anything I can't do. ねえ、コーヒー入れれたら、他にはできることないことに気づいたわ。

チャンドラー: If can invade Poland, there isn't anything I can't do. 俺はポーランドを侵略できるよ。それ以外は何もできない。

 ジョーイ: Listen, while you're on a roll, if you feel like you gotta make like a Western omelet or something... (Joey and Chandler taste the coffee, grimace, and pour it into a plant pot.) Although actually I'm really not that hungry... ねぇ、どうせだったら、ウエスタンオムレツかなんか作ってみたりしない?... (ジョーイとチャンドラーがコーヒーを味見するが顔をゆがめ、コーヒーを植物の鉢に入れる。) でも俺、今腹減ってないんだよね...。

 

モニカ: (entering, to herself) Oh good, Lenny and Squigy are here.(部屋に入ってきて)いいね、レニーとスクイギーが来たよ。

みんな: Morning. Good morning. おはよう。

ポール: (entering from Monica's room) Morning.(モニカの部屋から出てくる)おはよう。 

ジョーイ: Morning, Paul. おはよう、ポール。 

レイチェル: Hello, Paul. あら、ポール。

チャンドラー: Hi, Paul, is it? どうも、ポールさんでしたっけ? 

 

(Monica and Paul walk to the door and talk in a low voice so the others can't hear.  The others move Monica's table closer to the door so that they can.) モニカとポールがドアの方へ歩いていく、他の人に聞こえないように小さい声で話す。みんなテーブルを動かして会話を盗み聞こうするとする。

 

ポール: Thank you!  Thank you so much! ありがとう! ほんとにありがとう! 

モニカ: Stop! やーめてよ!

ポール: No, I'm telling you last night was like umm, all my birthdays, both graduations, plus the barn raising scene in Witness. いや昨日の夜はなんて言うのかな、僕の誕生日、いや、2人の卒業式、それと『Witness』の納屋の棟上げのシーンの様だったよ。 

モニカ: We'll talk later.

じゃぁ後でね。

ポール: Yeah. (They kiss) Thank you. (Exits) うん。(キスをする)ありがとう。(退室) 

ジョーイ: That wasn't a real date?! What the hell do you do on a real date? これが本物のデートじゃないって?! じゃぁ本物のデートじゃ一体何をするんだ? 

モニカ: Shut up, and put my table back. うるさいなぁ、あとテーブル戻しといてね。

みんな: Okayyy! (They do so.) りょーかい!(テーブルを戻す)

チャンドラー: All right, kids, I gotta get to work. If I don't input those numbers,... it doesn't make much of a difference... よーし、君たち、俺は仕事に行かなきゃ。俺が数字を入力しきゃ...、たいした影響ないんだよね...

レイチェル: So, like, you guys all have jobs? その、みんな仕事してるの?

モニカ: Yeah, we all have jobs. See, that's how we buy stuff. うん、みんな仕事してるよ。ほら、それで物を買うのよ。

ジョーイ: Yeah, I'm an actor. そうだよ。俺は俳優さ。

レイチェル: Wow! Would I have seen you in anything? すごい!どこかで見たことあるかな? 

ジョーイ: I doubt it. Mostly regional work. それはどうかなぁ。地方公演が多いんだ。 

モニカ: Oh wait, wait, unless you happened to catch the Reruns' production of Pinocchio, at the little theater in the park. あ、待って、待って、ピノキオの追加公演見なかった?

ジョーイ: Look, it was a job all right? ねえ、俺の仕事はどうだった?

 チャンドラー: 'Look, Gippetto, I'm a real live boy.'  "見て、ジペットじいさん。僕は本物の少年になったよ。"

ジョーイ: I will not take this abuse. (Walks to the door and opens it to leave.) 俺をなめるなよ。(ドアを開けて退室) 

チャンドラー: You're right, I'm sorry. (Burst into song and dances out of the door.) "Once I was a wooden boy, a little wooden boy..." そうだね、ごめんごめん。(突然歌を歌いだし、踊りながら退室)"僕は木の少年、小さな木の少年..." 

ジョーイ: You should both know, that he's a dead man.  Oh, Chandler? (Starts after Chandler.) これは知らないといけないことだけど、彼は死人だよ。チャンドラー?(チャンドラーの後に始める)

モニカ: So how you doing today? Did you sleep okay? Talk to Barry? I can't stop smiling.  調子はどう? 眠れた? バリーと話した? ごめんね笑顔になっちゃうの。

レイチェル: I can see that. You look like you slept with a hanger in your mouth. そうみたいね。ハンガーでも口に入れて寝たみたい。

モニカ: I know, he's just so, so... Do you remember you and Tony DeMarco? そうね、彼って、ほんとに、ほんとに... あなたの元彼トニー・デマルコ覚えてる?

レイチェル: Oh, yeah. うん。

モニカ: Well, it's like that. With feelings. えっとね、あんな感じよ。感じとしてはね。

レイチェル: Oh wow. Are you in trouble. うわぁ。そりゃ大変だわ。

モニカ: Big time! 超大変よ。

レイチェル: Want a wedding dress?   Hardly used. ドレス欲しい?ほとんど着てないドレス。 

モニカ: I think we are getting a little ahead of selves here. Okay. Okay. I am just going to get up, go to work and not think about him all day. Or else I'm just gonna get up and go to work. ちょっと話進めすぎよ?さてと、さてと。立ち上がって、仕事に行って、彼のことは考えないわ。それよりも立ち上がって仕事に行くか。

レイチェル: Oh, look, wish me luck! あ、そうだ。幸運を祈ってね。 

モニカ: What for? 何で?

レイチェル: I'm gonna go get one of those (Thinks) job things. 私もその、(ちょっと考えて)仕事ってやつ手いれるの。

 

(Monica exits.)モニカ退室。 

 

 

 

[Scene: Iridium, Monica is working as Frannie enters.] レストラン、イリジウム。モニカが働いている。フラニーが入室。

 

 

フラニー: Hey, Monica! やぁ、モニカ!

モニカ: Hey Frannie, welcome back! How was Florida? フラニー。お帰り! フロリダはどうだった? 

フラニー: You had sex, didn't you? セックスしたでしょ? 

モニカ: How do you do that? 何でわかるの? 

フラニー: Oh, I hate you, I'm pushing my Aunt Roz through Parrot Jungle and you're having sex!  So? Who? あなたを嫌いになっちゃうわ、私はパロットジャングルのロズおじさんを推して他のに、あなたは彼と寝る予定だったのに。で? 誰?

モニカ: You know Paul? ポールって知ってる? 

フラニー: Paul the Wine Guy? Oh yeah, I know Paul. ワインのポール?そうね、知ってるわ。

モニカ: You mean you know Paul like I know Paul? え、私が知ってるように、知ってるってこと? 

フラニー: Are you kidding? I take credit for Paul. Y'know before me, there was no snap in his turtle for two years. 当たり前じゃん。私ポールを助けたのよ。私との前、彼は2年も不能だったのよ。

 

 

[Scene: Central Perk, everyone but Rachel is there.] セントラルパーク。レイチェル以外はみんないる。

 

 

ジョーイ: (sitting on the arm of the couch)Of course it was a line!(ソファーの腕に座っている)うそに決まってんだろ! 

モニカ: Why?! Why? Why, why would anybody do something like that? 何で?!何で?何で、何でそんなことするのよ? 

ロス: I assume we're looking for an answer more sophisticated than 'to get you into bed'. "お前と寝るため"って言うより上品な答えを探してるみたいだね。 

モニカ: I hate men!  I hate men! 男って大嫌い。大嫌い。

フィービー: Oh no, don't hate, you don't want to put that out into the universe. ダメよ、男を嫌っちゃ。宇宙の彼方に追い出したいわけじゃないでしょ?

モニカ: Is it me? Is it like I have some sort of beacon that only dogs and men with severe emotional problems can hear? 私のせい?まるで私が犬と過度の情緒障害を持った男にだけ聞こえる何か合図みたいなのを発信してるってこと?

フィービー: All right, c'mere, gimme your feet. (She starts massaging them.) わかった、ちょっと来て、足見せて。(足のマッサージを始める。) 

モニカ: I just thought he was nice, y'know? いい人だと思ったのよ。わかるでしょ? 

ジョーイ: (bursts out laughing again) I can't believe you didn't know it was a line!(再び笑い出す)うそだと気づかないとはね!

 

(Monica pushes him off of the sofa as Rachel enters with a shopping bag.) モニカはジョーイをソファーから押し倒す。レイチェルがショッピングの袋を持って入室。

 

レイチェル: Guess what? やったわ。

ロス: You got a job? 仕事見つけた?

レイチェル: Are you kidding? I'm trained for nothing! I was laughed out of twelve interviews today. んなわけないじゃん。何の資格も持ってないのよ!12個面接受けたけどあっさり落ちたわよ。 

チャンドラー: And yet you're surprisingly upbeat. でも、すげぇ楽観的じゃん。 

レイチェル: You would be too if you found John and David boots on sale, fifty percent off! ジョンアンドデヴィットのブーツが50パーセントオフのセールだったらあんだだって喜ぶでしょ!

チャンドラー: Oh, how well you know me... ほう、俺のことよく知ってるね...

レイチェル They're my new 'I don't need a job, I don't need my parents, I've got great boots' boots! "仕事なんかいらない、両親もいらない、ブーツがあるもん"ブーツよ! 

モニカ: How'd you pay for them? どうやって払うのよ?

レイチェル: Uh, credit card. えっと、クレジットカード。

モニカ: And who pays for that? で、誰が払うの? 

レイチェル: Um... my... father. えっと...パ、パパよ。 

 

 

[Scene: Monica and Rachel's, everyone is sitting around the kitchen table.   Rachel's credit cards are spread out on the table along with a pair of scissors.] モニカとレイチェルのアパート。みんなが食卓を囲んで座っている。レイチェルのクレジットカードがはさみと一緒に食卓の上に散らばっている。

 

 

レイチェル: Oh God, come on you guys, is this really necessary?  I mean, I can stop charging anytime I want. まじ?ねえ、本当にこれ必要?だから、請求を辞めようと思ったらいつでもできるんだよ。

モニカ: C'mon, you can't live off your parents your whole life. ほーら、一生親に頼って暮せるわけないんだから。 

レイチェル: I know that. That's why I was getting married. 知ってるわよ。だから結婚しようとしたのよ。

フィービー: Give her a break, it's hard being on your own for the first time. 押し付けちゃだめよ。最初の自立はつらいものよ。

レイチェル: Thank you. ありがとう。 

フィービー: You're welcome. I remember when I first came to this city. I was fourteen. My mom had just killed herself and my step-dad was back in prison, and I got here, and I didn't know anybody. And I ended up living with this albino guy who was, like, cleaning windshields outside port authority, and then he killed himself, and then I found aromatherapy. So believe me, I know exactly how you feel. どういたしまして。私もニューヨークに初めて来たときのことはよく覚えてるわ。14歳だったの。母さんは自殺しちゃって、義理の父は刑務所に戻ってちゃったから誰も頼る人がいなくてここにきたのよ。んでもって色白の男と暮らすことになったのよ。何か彼の仕事は港の局の窓拭きでね。でもって、彼も自殺しちゃったのよ。そこでアロマセラピーに出会ったの。だから、今あなたがどんな気持ちかよくわかるわ。 

 

(Pause)

 間

 

ロス: The word you're looking for is 'Anyway'... 君が今言いたいのは、"とにかく"...

モニカ: All right, you ready? いいわ、準備はいい?

レイチェル: No.  No, no, I'm not ready!  How can I be ready?  "Hey, Rach!  You ready to jump out the airplane without your parachute?"  Come on, I can't do this!

ダメダメ、全然。どうやってやんのよ?「ねえレイチェル!パラシュート無しで飛行機から飛び降りる準備できた?」って?冗談言わないでよ、無理よ。 

モニカ: You can, I know you can! よーし、準備はいい? 

レイチェル: I don't think so. だめよぉ。 

ロス: Come on, you made coffee!   You can do anything! (Chandler slowly tries to hide the now dead plant from that morning when he and Joey poured their coffee into it.)

 しっかりしろよ、君はコーヒー作れるんだ。君は何でもできる。(チャンドラーはゆっくりと植木鉢に隠れて、コーヒーを植木鉢に捨てる)

ロス: C'mon, cut. Cut, cut, cut,... ほーら、カット。カット、カット、カット... 

みんな: Cut, cut, cut, cut, cut, cut, cut... (She cuts one of them and they cheer.) カット。カット、カット、カット...(彼女は1つを切って、他のみんなは叫んでいる)

レイチェル: Y'know what?  I think we can just leave it at that.  It's kinda like a symbolic gesture... ねえわかる?私たち、これでやめることだってできるのよ。手の合図みたいよ。

モニカ:  Rachel!  That was a library card!

 レイチェル。さっきのは図書カードよ。

みんな: Cut, cut, cut, cut, cut, cut, cut..

 カット、カット、カット、カット、カット、カット、カット...

チャンドラー: (as Rachel is cutting up her cards) Y'know, if you listen closely, you can hear a thousand retailers scream. (レイチェルがカードをカットした時) ねえ、よーく聞いたら、たくさんのお得意先のお店の悲鳴が聞こえるよ。

 

(She finishes cutting them up and they all cheer.) 彼女は全てのカードを切り終えて、みんなは叫んでいる

 

モニカ: Welcome to the real world! It sucks. You're gonna love it! 現実世界へようこそ!最悪の世界だけどきっと気に入るわ!

 

 

 

[Time Lapse, Rachel and Ross are watching a TV channel finishes it's broadcast day by playing the national anthem.] 数時間経過。レイチェルとロスが放映時間終了の知らせである国家の演奏を見ている。

 

モニカ: Well, that's it (To Ross) You gonna crash on the couch? さて、今日も終わりね。(ロスに向かって)ソファーで寝る? 

ロス: No. No, I gotta go home sometime. いや、そのうち家に帰るよ。

モニカ: You be okay? 大丈夫?

ロス: Yeah. うん。 

レイチェル: Hey Mon, look what I just found on the floor. (Monica smiles.) What? ねぇ、モニカ。床に落ちてたんだけど。(モニカが苦笑い)何? 

モニカ: That's Paul's watch. You just put it back where you found it. Oh boy. Alright. Goodnight, everybody. ポールの時計よ。元あった場所に戻しといて。さーてと。みんな、お休み。 

ロス&レイチェル: Goodnight. おやすみ

 

(Monica stomps on Paul's watch and goes into her room.) モニカがポールの時計を思いっきり踏みつけて自分の部屋に向かう。

 

ロス: Mmm. (They both reach for the last cookie) Oh, no- うーん。(2人とも最後のクッキーに手を伸ばす)あぁ、いや、どうぞ。

レイチェル: Sorry- ごめん。

ロス: No no no, go- いやいや、どうぞ。

レイチェル: No, you have it, really, I don't want it- いや、食べて。ほんとに、私いらないわ。

ロス: Split it? わけよっか? 

レイチェル: Okay. いいわよ。 

ロス: Okay. (They split it.) You know you probably didn't know this, but back in high school, I had a, um, major crush on you.(クッキーを分ける) あのさ。多分知らなかっただろうけど、高校時代、その、君のことが大好きだったんだ。

レイチェル: I knew. 知ってたわ。

ロス: You did! Oh.... I always figured you just thought I was Monica's geeky older brother. 知ってた! そう...。てっきり僕はモニカのバカな兄だと思われてるって思ってたよ。 

レイチェル: I did. 思ってたわ。 

ロス: Oh. Listen, do you think- and try not to let my intense vulnerability become any kind of a factor here- but do you think it would be okay if I asked you out? Sometime? Maybe? あら。ねぇ、君は...、僕は異常なほど繊細だけど気にしないでね。君は僕が君をデートに誘ってもいいと思うかい? そのうち? 多分? 

レイチェル: Yeah, maybe... うん、多分ね... 

ロス: Okay... okay, maybe I will... そうか...。分かった。多分誘うよ...。

レイチェル: Goodnight. お休み。

ロス: Goodnight. お休み。

 

(Rachel goes into her room and Monica enters the living room as Ross is leaving.) レイチェルが自分の部屋に。ロスが帰ろうとするとモニカがリビングルームに戻ってくる。

 

モニカ: See ya.... Waitwait, what's with you? じゃぁね...。ねぇねぇ、何かあったの? 

ロス: I just grabbed a spoon. (Ross exits and Monica has no idea what that means.) 僕は今スプーンを手に取った。(ロスは退室、モニカは意味がわからない)

 

Closing Credits

エンディング

 

 

[Scene: Central Perk, everyone is there.] セントラルパーク。みんながいる。

 

 

ジョーイ: I can't believe what I'm hearing here. そんなこと言うなんて信じらんねぇよ。 

フィービー: (sings) I can't believe what I'm hearing here...(歌いながら) そんなこと言うなんて信じらんねぇよ。

モニカ: What? I-I said you had a- 何よ? わ、私はただ、ジョーイは...

フィービー: (sings) What I said you had...(歌いながら) 何よ? 私はただ、ジョーイは...

モニカ: (to Phoebe) Would you stop?(フィービーに) 止めてくれる?

フィービー: Oh, was I doing it again? あら、私ったらまたやってた?

みんな: Yes! やってた!

モニカ: I said that you had a nice butt, it's just not a great butt. あなたいいお尻だけど、言うほどいいお尻じゃないわ。

ジョーイ: Oh, you wouldn't know a great butt if it came up and bit ya. もしいいケツに出会ったら、何していいかわからないでしょ。

ロス: There's an image.  想像できるな。

レイチェル: (walks up with a pot of coffee) Would anybody like more coffee?(コーヒーポットを持って歩いてくる)コーヒーいかがですか?

チャンドラー: Did you make it, or are you just serving it? 君が煎れたの? それともただ注いでるだけ?

レイチェル: I'm just serving it. ただ注いでいるだけよ。

みんな: Yeah. Yeah, I'll have a cup of coffee. うん。そうだね、コーヒー一杯ちょうだい。 

チャンドラー: Kids, new dream... I'm in Las Vegas. (Rachel sits down to hear Chandler's dream.) 君たち。新しい夢を見たんだ...俺はラスベガスにいたんだ。俺はリザ・ミネリだった。

 

お客: (To Rachel) Ahh, miss?   More coffee? (レイチェルに)すいません?コーヒーくれる? 

レイチェル: Ugh. (To another customer that's leaving.) Excuse me, could you give this to that guy over there? (Hands him the coffee pot.) Go ahead. (He does so.) Thank you. (To the gang.) Sorry.  Okay, Las Vegas. あー。(退店しようとしている客に向かって)ごめんなさい、これをあの人に渡してもらっていいですか?(彼にコーヒーポッドを渡して)行って。(彼はその通りにする)ありがとう。(みんなに)ごめんね。オッケー、ラスベガス。

チャンドラー: Okay, so, I'm in Las Vegas... I'm Liza Minelli- オッケー、俺はラスベガスにいたんだよ...俺はリザミネリ...

 

End